BLUE SEED PROJECT ~海に愛(Eye)を~

“BLUE SEED PROJECT“とは

使い捨てのコンタクトレンズのブリスター(空ケース)を回収し、資源としてリサイクルをするプロジェクトです。
シード製品に限らずすべてのコンタクトレンズのブリスターが対象です。

ブリスター

社会背景SOCIAL BACKGROUND

昨今世界のプラスチック消費量の増加により、
プラスチックは全世界の海洋に広く分布するようになり、
その量は着実に増大し、
海洋環境において極めて大きな問題になっています。

鼻にストローが刺さったウミガメ

プラスチックを摂食した海洋生物への影響はじめ、海鳥や人間の健康にも影響することが懸念されていることから、環境省はレジ袋の有料化の義務付けを含んだ使い捨てプラスチックの削減戦略の素案を決定しました。
現在、外食産業でも紙ストローに変更するなど様々な
取り組みが広がっています。

海岸に漂着したゴミの山

取り組みEffort

回収協力施設でお客様にお持ちいただいたブリスターはヴェオリア・ジャパンによって購入され、需要が高まっている物流のプラスチックパレットに生まれ変わります。
プラスチックパレットは破損しても再度パレットにリサイクルされます。

  • ブリスターはポリプロピレン素材でできているリサイクルに
    適したプラスチック素材です。

このように、使用後の製品を
再利用するなど適切に活用し、
資源の無駄を省く循環型のシステムを
サーキュラーエコノミーと呼びます。

また、回収による収益は、
「美しい海をこどもたちへ」をモットーに
海洋ごみ問題解決に向けて
活動している一般社団法人JEANに全額寄付され、
さらなる環境改善につながります。

回収施設Collection facility

Coming Soon

賛同企業・団体Supporting companies・organizations

Coming Soon

回収にご興味・ご賛同いただける場合、
下記までお問合せくださいませ。

株式会社シード 経営企画部社長室(広報担当)
TEL 03-3813-1650