SEED Projects Of  Road To Sports スポーツ選手の「見える」もサポートします

SEED Projects Of Road To Sports とは

「『眼』の専門総合メーカーとして、
お客様の『見える』をサポートする」を
使命としているシードでは、
スポーツ選手の「見える」と
子どもたちの「夢」を応援します。

*SEED Projects Of Road To Sportsの頭文字を取ると”SPORTS”になります。

トピックス

お知らせ

青空の下、横浜スタジアムで開催された決勝トーナメントではビックカメラ高崎BEE QUEENが決勝戦で1-0の完封勝利を収め、悲願の日本一、王座奪還を果たしました。試合の詳細はコチラ

イベント

パラスポーツ応援イベント「BEYOND FES 日本橋」にて、ゴールボールの山口凌河選手と、盲目のシンガーソングライターの栗山龍太氏をゲストに迎え、視覚障がいをテーマとしたトークショーを開催しました。 イベントレポートはコチラ

お知らせ

シードがサポートするレーシングドライバーの山本尚貴選手が、F1日本GPのフリー走行1回目にトロロッソ・ホンダより初走行!日本人の出走は5年ぶりです。山本選手のコメントはコチラ

イベント

今年のSEED花道ハイタッチ、全20回が終了しました。来場者 517,588 名(観客動員数)に見守られ、1万人を超える応募者の中から選ばれた547名の子どもたちが挑戦!わたしたちは引き続き子どもたちの夢を応援していきます。

お知らせ

ビックカメラ女子ソフトボール高崎 BEE QUEEN&陸上部の「見える」のサポートを開始しました! 「サポート選手」に追加したので、是非ご覧ください。

イベント

5月にスタートしたSEED花道ハイタッチ企画、8月までに18回実施し、残り2回となりました。「Pureな愛をありがとうプロジェクト公式ブログ」に掲載したイベントレポートはコチラ

お知らせ

文京スポーツセンターリニューアル記念「スポーツ×ドイツホストタウン フェスティバル2018」において、ゴールボール指定強化選手の山口遼河選手と「ゴールボール体験会」を実施し、当日は4,000名を超える方が来場されました!

イベント

SEED花道ハイタッチ企画、記念すべき第1回目は、3万人を超える観客が見守る中スタート!子どもたち30名がグラウンドに花道をつくり、スタメン9人、監督とハイタッチ。憧れの選手を目の前にして、子供たちの瞳は光り輝いていました。

花道ハイタッチ

埼玉西武ライオンズ「SEED花道ハイタッチ」で、
子どもたちの夢を応援します。
2019年5月5日(日)“こどもの日”よりスタート!

埼玉西武ライオンズの試合前ハイタッチ企画は、ライオンズファンクラブジュニア会員だけが参加可能で、年間1万人を超える応募の中から抽選で毎試合30名しか参加できない人気イベントです。
埼玉県鴻巣市にコンタクトレンズの製造・研究開発拠点「シード鴻巣研究所」を構えているわたしたちシードは埼玉西武ライオンズとともに子どもたちの夢を応援し続けていきます。

サポート選手

山本 尚貴
レーシングドライバー

いつも応援いただきありがとうございます!
2018年はシリーズ2冠を達成することができました。これもひとえに応援してくださる皆様のおかげでだと思っております。
安心してレースを戦うことが出来ているのは、1dayPureうるおいプラスという心強いパートナーのおかげだと思っています。今シーズンもさらなる活躍ができるように心強いパートナーと共に戦って参ります。

PROFILE

1988年7月11日生まれ。栃木県宇都宮市出身のレーシングドライバー。2018年は国内最高峰カテゴリーであるSUPER FORMULAとSUPER GTにてシリーズチャンピオンを獲得し14年ぶりとなる2冠達成を果たす。

池島 実紅
レーシングドライバー

私は右眼と左眼の視力の差があり、コンタクトレンズは左眼のみの装用です。
以前は左コーナーへの苦手意識があったのですが、コンタクトレンズのおかげで左の視野が広がり、バトル中もよりギリギリを攻めることが出来るようになりました。そして今年初めてシリーズチャンピオンを獲得することも出来ました。ドライバーとして嬉しいタイムアップや結果を出すことが出来ているのもシードさんのおかげかなと思っています。
今後も応援、よろしくお願い致します。

PROFILE

1997年1月29日生まれ。埼玉県さいたま市出身。2018年度はGR 86/BRZ RaceにCG ROBOT RACING TEAMよりSUBARUドライバーとして参戦している。他に「FIA-F4」、「競争女子選手権」「ロードスターカップ」のカテゴリーに参戦している。

土井 成樹
プロレスラー

プライベートは勿論のこと、試合中もシードさんのコンタクトレンズをしています。試合や練習は激しい動きとなりますが、お陰様で日々安心して競技に集中出来ております。
皆様の声援に少しでもお応えできるように頑張りますので、引き続き応援よろしくお願い致します。

PROFILE

1980年10月4日生まれ。奈良県生駒市出身のプロレスラー。身長173cm・体重82kg。株式会社ドラゴンゲートエンターテイメント所属。2017年より、「シード1dayPureうるおいプラス」を装用し輝かしい戦歴を残している。

ビックカメラ
女子ソフト
ボール高崎
BEE QUEEN
&陸上部

シードのコンタクトレンズを使用してから、長時間の試合や練習にも集中して取り組むことができています。優勝を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。

PROFILE

「ビックカメラ女子ソフトボール高崎 BEE QUEEN」

チーム創立:2015年/5年目
実績:
2015年 日本女子ソフトボール1部リーグ 優勝
2017年 日本女子ソフトボール1部リーグ 優勝
2019年 日本女子ソフトボール1部リーグ 優勝

「ビックカメラ陸上部(岡田久美子選手)」

1991年10月17日生まれ。埼玉県上尾市出身。
日本選手権女子20km競歩で5連覇を達成、2016年にはリオオリンピック出場(女子20km競歩日本代表)。2019年、20km競歩・5,000m・10,000m競歩の3種目で日本記録を更新。

CSR活動

山口 凌河 ゴールボール

大学2年時のゼミ活動でのインターンシップがきっかけで、シードさんのCSR活動に係わらせていただくことになりました。視覚障害について啓発活動を行っているシードさんは、私自身が行っている活動にも活かせると思い、インターンシップに参加致しました。今ではスポーツに関するイベント開催等の活動にご協力しております。
障害者への理解の輪、視覚障害者の社会参加及び社会への視覚障害についての理解が進む中で中心的な会社になっていただけると嬉しく思います!

PROFILE

山口 凌河
1997年1月5日生まれ。茨城県取手市出身のゴールボール日本代表強化指定選手。中学生の時に難病指定のレーベル病を発症し、その後半年でほぼ視力を失う。2013年世界ユース選手権では金メダルを獲得。

ゴールボールとは?

選手は視力の程度に関わらずアイシェードという光も入らないゴーグルをつけて1チーム3人で行います。コートの大きさはバレーボールと同じで両サイドにサッカーのゴールと同じようなゴールがあります。鈴の入ったゴム製でバスケットボール位の音の出るボールを転がしあい点を奪い合います。試合時間は12分ハーフで行います。