コンタクトレンズのケア方法

コンタクトレンズを安全・快適にご使用いただくには、正しいケアが必要です。

レンズケアの必要性

コンタクトレンズを装用していると、タンパク質、脂肪、カルシウムなどの涙液分泌物や化粧品などの汚れレンズに付着します。これらの汚れをそのままにしておくと、

  • かすみやくもりで見えにくくなる
  • 装用感が悪くなる
  • 眼障害をおこす

などの原因となります。取扱説明書をよく読み、正しいケアを行いましょう。

レンズケアの種類

ソフトコンタクトレンズケアの種類

タンパク質・脂質汚れ

ソフトコンタクトレンズは汚れの他に、レンズの性質上、雑菌やカビなどが繁殖する可能性があります。そのため、洗浄・消毒を行う必要があります。

1MPS(マルチパーパスソリューション)

レンズの洗浄・消毒・保存が1本で行えます。こすり洗いにより洗浄と除菌を行い、レンズ保存中に残存した雑菌を消毒します。

ケア方法を見る

2過酸化水素タイプ

過酸化水素の力によって洗浄・消毒を行うため、熱によるレンズの劣化がありません。また、高い消毒効果が期待できます。手荒れなどが気になる方、レンズを破損させやすい方にお勧めです。

ケア方法を見る

3煮沸消毒

洗浄液によるこすり洗いを行った後、加熱して消毒を行います。消毒効果は非常に高いですが、熱によりレンズを劣化させる場合があります。レンズの種類によっては煮沸消毒できない場合があります。

現在当社では専用のケア用品を取り扱っておりません。

シードのソフトコンタクトレンズ用ケア一覧

ハードコンタクトレンズケアの種類

11液タイプ

レンズの洗浄・保存・タンパク除去が1本でできるタイプ。酵素の力によって汚れを落とします。

ケア方法を見る

22液タイプ

レンズの汚れを落とす洗浄保存液とレンズに付着したタンパク質などを分解する酵素液を組み合わせて使用するタイプです。

3こすり洗い用クリーナー

タンパク質・脂質汚れ

洗浄液と指による物理的な力によって汚れを落とします。研磨剤を配合しているタイプと配合していないタイプがあります。

ハードコンタクトレンズの種類によっては研磨剤入りのクリーナーが使えませんのでご注意ください。

シードのハードコンタクトレンズ用ケア一覧

よくあるご質問