企業ビジョン・経営情報

株主・投資家の皆様へ

代表取締役社長 浦壁 昌広

第62期は売上高が過去最高を更新しました。
61年目を迎え、これからも、
“Made in Nippon”の品質力を武器に、
世界中の「見える」をサポートしてまいります。


株主ならびに投資家の皆様におかれましては、日頃より格別のご高配を賜り、心より感謝申し上げます。第62期の事業をご報告するにあたり、謹んでご挨拶申し上げます。

さて、第62期につきましては、純国産使い捨てコンタクトレンズの「ピュアシリーズ」を柱に、国産の品質力やきめ細やかな対応力を国内外に積極的にアピールしてまいりました。「ワンデーピュアうるおいプラス乱視用」を中心とし、ファッション系のサークルレンズ等も合わせてコンタクトレンズ事業の売上が伸長いたしました。また、海外展開においては、新たにインドネシアやオランダ、インドへの出荷も開始となり、既存出荷国の販売も厚みを増してまいりました。これらにより、連結売上高は過去最高を更新する278億円を計上することができました。

国内のコンタクトレンズ市場は、引き続き1日使い捨てタイプへのシフトが進み、遠近両用等の高付加価値アイテムも伸長することが予想され、緩やかな成長が見込まれます。その一方で、商品ニーズの多様化やサークルレンズカテゴリーへの新規参入など、各メーカー間における競争は厳しくなっております。このような環境下において当社は、製品開発力強化や新規分野への進出、海外でのさらなる業容拡大等を図り、80年、100年と続く企業として着実に歩みを続けてまいる所存でございます。