コンタクトレンズのシード トップページ > はじめてのコンタクト > コンタクトレンズの種類


コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズには、大きく分けてハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがあります。それぞれに特徴がありますので、自分の目にあったコンタクトレンズを選びましょう。

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズとは、名前の通り、水分を含まない、プラスチック製の固いレンズです。
また、ハードコンタクトレンズに酸素を通す工夫をほどこしたレンズが「ハードコンタクトレンズ(酸素透過性ハードコンタクトレンズ) 」と呼ばれ、現在ハードコンタクトレンズと呼ばれているものの大部分がこのレンズです。構造が網目状のザルのようになっており、そのザルの隙間を通って酸素が瞳に供給されるしくみになっています。コンタクトレンズの中で、最も酸素を補給できるタイプですので、長時間装用の方にお勧めです。また、乱視矯正にも優れているレンズです。

ソフトコンタクトレンズ

水分を含むと柔らかくなるプラスチックを使用したコンタクトレンズです。水とよくなじむ素材で、主にコンタクトレンズに含まれる水分から酸素を瞳に供給します。ソフトコンタクトレンズは、その名前の通り柔らかく水をたくさん含んでいるので、つけ心地が非常に良いレンズです。また、レンズがずれにくくはずれにくいので、スポーツ時にもお勧めです。なお、使い捨てレンズはすべて、ソフトコンタクトレンズです。

  ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ
長所 視力矯正力に優れる 装用感が良い
安全性が高い はじめての方でも慣れやすい
乱視矯正が可能 激しいスポーツも可能
取扱いが簡単 使い捨てなどの種類が豊富
耐久性がある  
短所 慣れるまで異物感がある 乱視などの矯正力効果が劣る
ずれやすい、はずれやすい 汚れを取り込みやすい
ゴミが入ると痛い 耐久性がやや劣る
  眼障害に気づきにくい

ページ上部へ