旅立ち

みなさんこんにちは。

「Pureな愛(eye)をありがとうプロジェクト」

公式ブログ担当のマユコです1ca23293bf0027affae1e4534a916526ee47cab6.gif

  

私事ですが、お知らせです。

入社以来、4年間このブログを担当させて頂いてきましたが、

この度、ドイツに赴任することとなりました191112.gif

なんだかご縁だな~と思うのですが、

実は盲導犬の訓練の歴史の中でドイツは欠かせない国なんですc6e108eedf042658d2b0dfc7451fc4e42988c7f5.gif

  

ということで、今回は盲導犬の歴史についてご紹介いたします76366773a56d95fc1898d61aa3e821199b1610e4.gif

  

人と犬の生活の歴史はとっても長くて古くて・・・

昔ヒロコ先輩がブログにも書いていましたが、

世界遺産となっているポンペイの壁画にも、

視覚障害者らしい人と犬が共に歩く姿がありますまきたんお目目きらきら.gif

  

確実な資料では、1819年ウィーンの神父が、

犬の首輪に細長い棒を着けて

盲導犬として正式に訓練したのが最初。

  

そして、ここでドイツが登場ですcfdf0ca602a84c9a367a1b84baff0d9d019d0408.gif

  

1916年 ドイツ赤十字社のシュターリン氏と、

ドイツシェパード協会のシュテファニッツ氏が

戦争で失明した傷病兵のために盲導犬を育成しようと

オルテブルグに学校を設立しました。

系統立った盲導犬の訓練はドイツで始まったのですafd7a4b44439be2620be6b4ee9c2ef9b02503d40.gif

  

1923年には、ポツダムに国立盲導犬学校を設立!

多くの盲導犬が誕生し、

戦争で失明した傷病兵の社会復帰を助けました。

  

そして、このようなドイツでの盲導犬の活躍を見た

米国人ドロシー・ユーステス夫人が、

1929年にアメリカ・ニュージャージー州に設立したのが、

現在世界で最も歴史と実績のあるThe Seeing Eye,Inc.。

※The Seeing Eyeは、現存する最古の盲導犬育成団体

  

日本では、1938年にアメリカのゴルドン氏が

オルティという盲導犬をつれて来日したのが初めてで、

その後1939年にドイツから、すでに訓練済みの4頭の盲導犬が輸入され、

戦盲軍人に渡されました。

しかし、4頭の死後、盲導犬は絶えたままでしたddc91ba7d5fb4abded10b7ceae88536eaffb96b1.gif

  

戦後になり、アイメイト協会の創設者である塩屋賢一氏が、

独自の訓練方法を生み出しました★★ピンク.GIF

そして、日本において、国産盲導犬第一号の「チャンピイ」の訓練と

使用者となった河相冽氏の歩行指導を終えたのが1957年。

国産盲導犬ペア第一号の誕生ですbe61e9f0a02a6f1ceb233ec23cc29dca11e2ee25.gif

実質的には、日本の盲導犬の歴史の始まりは、

この「チャンピイ」からとなりますパチパチ.gif

  

  S01_009.jpg

   

さらにさらに、1957年はなんと!

シードが創業開始をした年でもありますd5c56eb6d5f2f0bb74513ea8fd59f490eb6f16bb.gif

   

なんだか回り回って運命的な縁を感じませんか?

   

私自身はこの活動を通して、いろいろな方とお会いして、

いろいろなことを学ばせて頂きました。

つながり、というものがいかに大切か実感しています。

  

これからも、せっかく盲導犬と縁の深いドイツに行くということで、

現地で感じたことや事情など、不定期ですがご報告していきます。

ではでは、いってきま~す^^

   

このプロジェクトは「シードPureシリーズ」の売上の一部を公益財団法人アイメイト協会へ寄付し、

アイメイト(盲導犬)育成を応援しようというプロジェクトですa0fa804542661f12b6eaae1489334e35ea2cfbf8.gif

2017年05月01日 09:36 | 2017年05月

入社式☆

みなさんこんにちは。

「Pureな愛(eye)をありがとうプロジェクト」

公式ブログ担当のエリです1ca23293bf0027affae1e4534a916526ee47cab6.gif

 

4月3日は、シードの入社式でしたd705f7d5915cfe45d14edb8c9ddd52135bef9b12.GIF

 

今年もたくさんの新入社員を迎え、新たなスタートを切りました!

 

9cf30863b3b9f8f0a41162e0a3091b2434c90030.jpg

 

入社式後は、

新入社員向けCSR研修を行いました。

 

座学でのCSR研修、アイメイト研修の後、

今年も、大胡田誠先生にご講演頂きました。

昨年の様子は、コチラ0ed9bb2ffae278bf39b735a8f16a44e0c8afee17.GIF

 

  

全盲の弁護士である、大胡田先生。

先生は情報を目で確認することはできませんが、

様々な道具を使って、収集をしたり管理したりしているそうです。

日々愛用している、便利な道具の一部をご紹介して下さいました。

 

1つ目は、筆箱くらいの大きさの、点字電子手帳131e05907023672c382b1f1d2da6a1398ed3b151.gif

点字でメモを取ったり、メモの内容を指先で確認します。

文庫本一冊分のデーターが入り、

仕事の資料やスケジュールを入れているそうです。

 

2つ目は、スマートフォン。

iPhoneの視覚サポート機能を使って、

画面に表示されている項目を音声で読み上げ、

メールの内容やインターネットの情報などを聞いているそうです。

 

そして、時針がある場所で振動し、時刻を教えてくれる腕時計に、

色を音声で教えてくれる機械の紹介がありました。

 

この機械を、

先生が着ていたワイシャツに押し当てると、

"紫ぎみの白"と正確に伝えていました。

ただ白と伝えるだけなく、

微妙な色合いまで知らせられることに、驚きましたf636eb834ceb1e2df5fac343d051a016165ea1eb.gif

 

先生は、この機械の機能を楽しんでいるみたいで、

お腹の部分に道具をあて、

"黒"と教えた道具に対し、

"腹黒いのがばれてしまいました"と笑いを誘っていました3055fa06d27f624d01ead8c6437d01df028b56ac.gif

  

 

f60ba0e127f83c7810530ecce3b3110480fe36e5.jpg

色識別装置を手に持ち、紹介してる大胡田先生7d44e39d642b64f326862f9c268a51cbaa37044f.GIF

 

  

 

大胡田先生の講演を聞いていた、

新入社員からの嬉しい感想が、

いっぱいありましたので、少しご紹介します9c17d3b806482c03c0765f834724006534afd16d.gif

  

  

4.png

  

 

"見える" "見えない" ではなく、

目標に向かって努力し続ける。

 

そして、その目標を実現するために、

何が困難なのかを考える。

 

さらに、その困難を乗り越えるためには

何が必要なのかを考えて、様々な工夫をする。

そんなことが大切なんだと、改めて感じさせられました超可愛いうさぎ.GIF1b9c1d11a011b04c453aaf84b7aa6de4e990eb12.gif

 

このプロジェクトは「シードPureシリーズ」の売上の一部を公益財団法人アイメイト協会へ寄付し、

アイメイト(盲導犬)育成を応援しようというプロジェクトですa0fa804542661f12b6eaae1489334e35ea2cfbf8.gif

2017年04月17日 10:00 | 2017年04月

桜の開花

みなさんこんにちは!

「Pureな愛(eye)をありがとうプロジェクト」

公式ブログ担当のヒロコです1ca23293bf0027affae1e4534a916526ee47cab6.gif

  

今年も桜の季節がやってきましたねc6812e4398275a50ed620d7b2755e4dbfee0cc40.gif

本日、シードでは鴻巣研究所で入社式を行う予定です。

入社式の後は、新入社員研修の一環として、

毎年、桜の木の下でアイメイト体験歩行を行っているのですが、

シードの桜はまだまだ五分咲きといったところです。

みなさんはどんな桜を見ていますか?ae08c1ed780c13fa1b443daac5708f658837f391.gif

  

さてさて、恒例のアイメイト研修の様子は、次回ご紹介するとして・・・

  

見て下さい~この写真4015e2e0c18309b1f29db93b9fd0e2e6aaa68d55.gif

  

140_1.jpg

  

訓練中に、舞う花びらが犬の鼻にたまたまかかったのだそうです。

なんともいえない犬の表情も愛らしくて、ついつい微笑んでしまいますb7779f5ac3f5d139345a9eadcd45657962ed8ebe.gif

  

そしてこちらは、リタイア犬とそれぞれの家族の写真。

  

140_2.jpg

  

のんびりと余生を楽しんでいるリタイア犬は、

とってもおっとりと落ち着いていて、

こんな春の日にお散歩するのに最高のパートナーやわピ橙ハート.GIF

時には公園で遊んでいる姿を写真に撮って

送って下さる方もいるそうです。

  

それから、視覚障がいの方も、アイメイトとのお散歩を楽しんでいますc6e108eedf042658d2b0dfc7451fc4e42988c7f5.gif

  

140_3.jpg

  

ある使用者の方は、

"よくお散歩をしているから、街の人達とも顔見知りなんだ。

学校に呼ばれて、アイメイトの話をしに行くこともあるし、

外を歩いていると、子供達にも良く声をかけられるよ。"

と、教えてくれましたc22c9cc341f7a53eef1bf78ab59d52454600e772.bmp

  

気づけば、お花見スポットにも詳しくなっていて、

お花の香りや、春の暖かい日差し、人々の浮き立った雰囲気を感じ、この季節はいつにも増してお散歩が楽しいそうです84fef8325bf7f4ec1d06a5f72a5b34caab564be4.gif

周りの方を秘密の桜スポットに案内すると、

"こんなにいい場所があったなんて知らなかった~"とか

"よく知ってるね~"と、みんなが喜んでくれるのがなによりも嬉しいのだとか9c17d3b806482c03c0765f834724006534afd16d.gif

  

アイメイトと一緒に歩きながら、季節の移ろいや春の風を感じ、

みなさん楽しんでいるようです♪きらきら.gif

  

このプロジェクトは「シードPureシリーズ」の売上の一部を公益財団法人アイメイト協会へ寄付し、

アイメイト(盲導犬)育成を応援しようというプロジェクトですa0fa804542661f12b6eaae1489334e35ea2cfbf8.gif

2017年04月01日 17:50 | 2017年04月

本当の理解につながる一番の方法

みなさん、こんにちは。

「Pureな愛(eye)をありがとうプロジェクト」

公式ブログ担当のマユコです96eb36978ccc59e4d59ae4f5ca9b0a93568d2327.GIF

 

気づけばもう3月も半ばですね950e4bf8e71d061d6eab2ddc480ddc00a8e16ff1.GIF

4月には、シードにもまたたくさんの新入社員が入ってきます。ワクワクd3f6edc0f0153882bad07af7a20736716cf39fec.GIF

 

ブログをご覧くださっている方はご存知かと思いますが、

シードでは、2013年春から

CSR活動に関する新入社員研修を実施しています。

そんなCSR研修も、今年で5回目。

 

実は私、記念すべき1回目に新入社員として研修を受けていました。

そう考えると、本当にあっという間だな~~と感じます。

 

初めてアイメイト候補犬と歩行体験をしたときのことは、

今でもよく覚えています。

 

実際にアイメイトと歩いてみることは、

目隠しをして見えない状態になるとどんな不便さや不安を感じるかを

身をもって知ることができたり、

頭で想像していただけではわからなかったことに気付くことができ、

本当の理解につながる一番の方法だと感じています。

 

とはいえ、日常生活の中で

視覚障がいの方やアイメイト使用者の方と同じ体験をする、

というのは簡単なことではありません。

 

そこで、私たちシードやアイメイト協会では

少しでも多くの方に体験していただけるような機会を設けています。

 

例えば、シードでは、様々なイベントにブースを出展し、

アイメイト協会のご協力のもとアイメイトとの歩行体験会を実施しています。

 

また、他にも体験の内容を日々模索しながら考えています。

どうしたら少しでも多くの方に、

楽しみながら、自然に視覚障がいについて知ってもらえるか、という点を考慮して、

今までに次のような体験も実施してきました。

ブログでもおなじみの、箱の中身を手触りだけで当てるゲームや、

目隠しをしてのビーズ作り体験、パズル、ボーリングなどなど。

他にも、入ったことのない空間をアイマスクをして探検してもらうゲームなど

子供たちにも大人気です。

 

体験して下さった方が、視覚について、障がいについて、

自分達ができることについて・・・気づいたことを教えて下さった時には

とっても嬉しい気持ちになりますf59ed8cc7b85b85d076f401d8109b6108252963a.GIF

 

これらの体験メニュー案のもとになっているのは、

イベントなどを通して自分達自身が体験し、実感してきたことばかり。

 

 

 

アイメイト協会では、月に1度希望者向けに見学会を実施して、

職員による説明、協会施設見学の他、

目隠しをして実際にアイメイト(盲導犬)と歩く歩行体験や

その他ロールプレイングなどを行っています。

 

シードでも、今後予定しているイベントなど、

ブログでご紹介させていただきたいと思っています。

 

これからも、ぜひブログをご覧ください~bbd24eb4f4473f17003bacb243aa10cc9bcacc69.GIF

 

 

このプロジェクトは「シードPureシリーズ」の売上の一部を公益財団法人アイメイト協会へ寄付し、

アイメイト(盲導犬)育成を応援しようというプロジェクトです997a647e56df9a3f385b077184a75deffe09b1a9.gif

2017年03月15日 09:45 | 2017年03月

触図ってなあに???

みなさんこんにちは!

「Pureな愛(eye)をありがとうプロジェクト」

公式ブログ担当のヒロコです1ca23293bf0027affae1e4534a916526ee47cab6.gif

  

さてさて、以前に告知していた第11回ワークショップ 『触図ってなに?』

が2月17日に開催されました!

シードも"視覚に頼らない世界を体験しよう"をテーマに

箱の中に手を入れて、何が入っているのかあてるゲームや

実際に点字作成をする体験をみなさんにしていただいたのですが、

共催したサークル・六点会さまの展示がとっても素敵だったので、

今回はそちらをご紹介したいと思いますc6e108eedf042658d2b0dfc7451fc4e42988c7f5.gif

ちなみに、サークル・六点会は、点訳や触図制作などを通して

視覚障がい者への協力と交流を図ることを目的として活動している

ボランティア団体ですaacffb1e25a1a17493d73ad280056621ac7990c5.gif

イベントの詳細はこちらをclick!

  

  

ワークショップのテーマは花鳥風月

入り口はこんな感じでーす!

  

138_1.jpg      

   

まずは、触図のコーナー!

触って分かる絵や図と点字を使った作品で、

日本の美しい自然が表現されていました59bbb2c7a4c4936f564be5724f1898aea97bb47f.gif

まさに、花鳥風月をテーマとした素晴らしい触図の数々に、

ヒロコも思わず見惚れてしまいました~3857414a8b07c40c3e19b762efc28cba0d51ced3.gif

   

138_2.jpg     

    

138_3.jpg    

    

これらの作品は、紙を重ねることや、抜いたりすることで凹凸を作り

手で触って形を確認できるように工夫されていますfbfbd2b015875cb1b02da736499f5ca88d8644fe.gif

実際に触ってみると、ツルツルしていたり

少ししっとりとしていたり、フェルトのようだったり・・・・

さまざまな材質の紙や、紙以外の素材も使われていましたまきたんお目目きらきら.gif

例えば、左下の菜の花と月の図では、

月にかかる霞がかった雲を、綿を使用して表現しています。

目で見ても、とても風雅なのですが、

目を閉じて触ってみると・・・

雲の柔らかくて繊細な雰囲気が、指先からしっかりと伝わってきましたスパンコールハート.GIF

    

視覚に障がいがある方も、しっかりと手で触れて、

作品の世界を楽しんでくださったようです!!

とっても嬉しかったですb7779f5ac3f5d139345a9eadcd45657962ed8ebe.gif

    

    

それから、タクタイル文字!

まずは、ご覧ください~

    

138_4.jpg

         

こんな風に、画数の少ないカタカナや数字を、触って読めるように

浮き出させた文字のことを「タクタイル(tactile)文字」と言います。

公共施設などで、点字表示の導入はずいぶん進んでいるのですが

実は、全盲や弱視を含めた視覚障がいの方が約30万人いる中で、

点字を読める人はその1割程度なのだそうです。

そうしたことから、最近では触って読めるタクタイル文字の研究が

すすめられています。

    

身近なところだと、エレベーターの階数表示など、

まだまだ数は少ないのですが、タクタイル文字が導入されているところもあるので、

是非みなさんも探して、そして触ってみて下さいね!

    

このプロジェクトは「シードPureシリーズ」の売上の一部を公益財団法人アイメイト協会へ寄付し、

アイメイト(盲導犬)育成を応援しようというプロジェクトですa0fa804542661f12b6eaae1489334e35ea2cfbf8.gif

2017年03月01日 11:29 | 2017年03月